xGateToken(クロスゲートトークン)

クロスゲートトークン(xGateToken:xGT)の最新情報と購入方法を解説!xGTは主に仮想通貨や金融サービスとの連携(共存)を目的として、開発されたポイントシステムです。本記事ではクロスゲートトークン(xGateToken:xGT)に関する基本情報、ポイントシステムの役割から今後の展開、クロスゲートトークン(xGT)のメリット・デメリットや今後の将来性などを詳しく説明いたします。

xGateToken(クロスゲートトークン)とは?

xGateToken(クロスゲートトークン)とは?xGateToken(クロスゲートトークン)は様々な金融サービスや仮想通貨などのサービスとの連携を主眼に作成された、今までにない「ポイントシステム」として開発されました。
xGateTokenを持っているだけで、様々な金融サービスだけでなく、最先端のプラットフォームにアクセスが可能となる新しいプロジェクトです。

ブロックチェーン技術はもともと金融業界との相性が特によく、xGateTokenは既存の金融機関と「競合」するのではなく「共存」することで独自のビジネスモデルの確立と暗号通貨の普及を目指しているプロジェクトです。

xGateTokenのポイント単位は「xGT」となっており、xGTのポイント保有者はxGateTokenの各プラットフォームの収益からAirDrop(収益の分配)を受け取る事ができる仕組みです。

xGTは金融サービス内の価値の基準、基軸ポイントとしての役割を果たすため、基本的には価格が上がったり下がったりすることを主な目的には作られていません。

例えるならばxGTは、各種の金融サービスにアクセスし、収益の分配を得るための鍵のようなものなのです。

xGateToken(クロスゲートトークン:xGT)の購入方法

xGateToken(クロスゲートトークン)購入方法を解説現在、xGateToken(xGT)を購入する為には、東南アジアのマレーシアに籍を置くREVOLLET社が運営するE-Wallet(イーウォレット)、「Revollet(レボレット)」に口座を開設し、そのウォレット内から「xGT」を購入する必要があります。

Revollet(レボレット)についての詳しい解説はこちらをご覧ください。

xGateToken(xGT)を購入するまでのながれ

クロスゲートトークン(xGT)を購入するまでのながれを説明。

  1. xGateToken日本語版サイトより「SIGN UP」を選択し「E-Wallet口座(Revollet)」を開設する
  2. E-Walletへ入金(銀行振込み・仮想通貨送金)
  3. 送金した資金をイーサリアム(ETH)へ両替
  4. イーサリアム(ETH)でクロスゲートトークン(xGT)を購入

以下で順にご説明をいたします。

① 「xGateToken日本語版サイト」で口座を開設

クロスゲートトークン(xGT)公式ホームページ現在、Revollet(レボレット)のE-Walletを作成するには紹介者のIDが必要となりますが、「xGateToken日本語版サイト」の新規アカウント作成(SIGN UP)から口座開設をすれば、紹介者のID入力が不要です。
アカウント作成後は本人認証の手続きを忘れずに行ってください。

② E-Walletへの入金

イーウォレットへの入金方法を説明E-Walletの口座開設が完了したら、次はxGTを購入するための資金をウォレットへ送金します。

現在、E-Walletへの入金方法は「銀行振込み」「仮想通貨での入金」の2種類が可能となっています。
※仮想通貨での入金は現在「ビットコイン・イーサリアム・リップル」の3種類となります。

③ 資金をイーサリアム(ETH)へ両替

レボレット内での両替を説明現在、xGateToken(xGT)はイーサリアムでの購入しか対応していない為、「銀行振込み」又は「仮想通貨(ビットコイン・リップル)」での入金が完了したら、資金をイーサリアムへと両替します。

④ イーサリアム(ETH)でクロスゲートトークン(xGT)を購入

xGTの購入方法説明イーサリアムへの両替が完了したら、メニューより「xGT購入」を選択します。

xGTの購入には1口(700xGT)=2000(USD)分のイーサリアムが必要になりますので、当日のレートを必ず確認するように注意してください。

「xGT」を持つことで利用できる金融サービスを紹介

xGateToken(クロスゲートトークン)では既存の金融サービスだけではなく、独自の金融機関・サービスを新たに開発しています。
それらの金融機関・サービスは「xGT」を利用することにより、プラットフォーム上で利用することができます。

開発が進むとともに、多くの金融サービスが追加で提供されることが予想されますが、ここではその一部をご紹介します。

オフショア銀行

xGTのオフショア銀行を説明オフショア銀行とは、預金者が住んでいる国とは違う国にある銀行のことです。
銀行を中心とした、エクスチェンジ・送金・決済までの新たなサービスを提供します。

マルチカレンシー

USドルや、日本円など複数法定通貨の管理が可能です。

フルバンキングライセンス

銀行法に定められた、定期預金や、ローン等全ての業務を行う事が可能です。
当然SWIFTも保有していることから、世界中の銀行と送受金が可能となります。

多言語対応ネットバンキングシステム

英語はもちろんのこと、日本語対応のプラットフォームにより、日本人の方でも、ストレス無く操作可能です。
日本語対応のサポートスタッフも在中しております。

デビットカード

xGTのDebitCard(デビットカード)xGateToken(クロスゲートトークン)では、上記のオフショア銀行からの出金・送金以外にも、口座と連携した独自デビットカードが発行されます。

現在は世界的なブランド(visa・master)等との提携を進めるべく、協議中です。
国際的なブランドが付いたデビットカードが発行されれば、世界中どこでも利用することが可能です。
使い方は一般的なデビットカードと同じで、買い物をしたりATMでの出金をすることができます。

仮想通貨 取引所

xGateToken(クロスゲートトークン)では仮想通貨取引所のプラットフォームも提供する予定です。

この仮想通貨取引所では以下のメジャーな仮想通貨などを取引することが可能となります。

上記に挙げた仮想通貨は、取引所が開設された初期段階で取引が行われることになっています。

また、マルチシグとコールドストレージによって、利用者の仮想通貨は安全に保管されるのも特徴です。

xGateToken(xGT)は取引所内での「仮想通貨取引の基軸」としての役割を果たすと考えられています。

TRADEBOOK(ソーシャルトレーディング:プラットフォーム)

TRADE BOOK (トレードブック)のホームページ画像xGateToken(クロスゲートトークン)では、利用者が仮想通貨やFXのトレードを行うことができる「TRADEBOOK(トレードブック)」という、ソーシャルトレーディングのプラットフォームも提供します。
しかも、ただのトレードではなく利用者はコピートレードを利用することができます。

コピートレードとは、専門家が行うトレードを自分の資産運用にも適用(=コピー)してトレードを行うことです。

プロのトレーダーが、ある仮想通貨を買えば自分自身の資産でもその仮想通貨が買われ、プロのトレーダーが仮想通貨を売れば自分の側でも売りが行われます。

利用者はプロのトレーダーの売買を自分のトレードに反映することができるのです。
つまり、実質的には自分の資産をプロのトレーダーに運用してもらっていることになります。

トレーダーは損失率や利益率などの項目によってランキング付けされ、利用者は自分にあったプロトレーダーを選ぶことができます。
リスクはあるが大きな利益を狙うトレーダーを選んでも、利益は小さくとも堅実なトレーダーを選んでもいいのです。

コピートレードによって、投資をしたことがない初心者の方はプロのトレーダーの判断を学ぶことができます。
全ての取引を任せるわけではないので、例えばトレードをできないときに(睡眠中、仕事中など)だけコピートレードを利用することも可能です。

またコピートレードでは「プロのトレーダーを装った詐欺」が多いと言われますが、xGateTokenのコピートレードプラットフォームで取引をするプロトレーダーは全員、トレーダー歴や一定以上の利益率を監視し、厳しい審査に合格したトレーダーのみが登録されていますので、安心して自分の資産を任せることが可能となっています。

レンディング・プラットフォーム

レンディング・プラットフォームとは、インターネット上で仮想通貨の借入が出来るプラットフォームのことです。

xGateToken(xGT)は、この「レンディング・プラットフォーム」でも大きな役割を果たすことが予想されています。

今後も「xGT」を利用した様々なサービスが提供される

以上に挙げたサービス以外にも、「xGT」の保有者は様々なサービスを利用することができます。
例えば、「マイニング・プラットフォーム」、「スポーツベッティング」などが挙げられます。

開発が進むにつれて、利用できる金融サービスの数も増えていくことでしょう。
いずれにせよ、今まで見てきた金融サービスの中で「xGT」が重要な役割を果たすのは間違いなさそうです。

クロスゲートトークン(xGT)のメリットを解説

クロスゲートトークン(xGT)のメリットを解説xGateToken(xGT)を保有するメリットをご紹介いたします。

xGTの保有者は収益を受け取ることができる

xGTを保有している人は、上記に挙げた様々な金融サービス収益の一部を受け取ることができます。

信頼性が高い!

最近はICOを騙る詐欺事件が多発しており、アメリカの仮想通貨アドバイザー会社によると、ICOの80%が詐欺案件であると言われています。
そのため、「どうせxGTも詐欺なんじゃないの?」と考える方もいるかもしれません。
ですが、xGTは基本的には仮想通貨とは異なり、あくまで最先端の金融サービスや優良な仮想通貨関連サービスとの共存を目的としたポイントサービスです。

また、現在「xGateToken:xGT」の購入が唯一可能な、「Eウォレット:Revollet(レボレット)」を運営するREVOLLET社はマネーロンダリング対策や金融法などで非常に厳しいマレーシアに本拠地を置く企業です。

REVOLLET社がxGTの販売に協力していることからも信頼性の高さが伺えます。

初心者向け・分かりやすい

xGateToken(xGT)の金融サービスはユーザーインタフェースが簡潔で、それぞれ使い方が分かりやすいのが特徴です。
したがって、仮想通貨などの様に複雑な取引の運用に慣れていない方でも、難しい取引などが不要で簡単に運用することが可能です。

クロスゲートトークン(xGT)のデメリットを解説

クロスゲートトークン(xGT)のデメリットを解説xGateTokenのデメリットを解説いたします。

投資の対象には向かない

xGTは最初に述べたとおり、様々な金融サービスを利用するための鍵のようなものです。

xGT自体が仮想通貨とは異なりポイントサービスとなるため、仮想通貨の様に価格が上下することは基本的にはありませんので、xGTを売買してお金を儲けようとすることは考えないほうがいいでしょう。

金融サービス(オフショア銀行)を利用するために一定の金額が必要

xGateToken(クロスゲートトークン)の金融サービス(オフショア銀行)を利用するには、xGTを保有する必要があります。

xGTは現在、700/xGT(1口)=2,000/USDで購入することが可能です。
初期費用としては決して安い額ではなく、xGTを多く保有するのは難しいという方もいるかもしれません。

ですが、一度xGTを保有すれば今後、継続的に各金融サービスなどで配当を受け取ることが可能です。

xGateToken(クロスゲートトークン)のロードマップ

クロスゲートトークン(xGT)ロードマップxGateToken(クロスゲートトークン)のロードマップを見ると、今後は2018年の8月ごろに仮想通貨取引所が開設され、2018年12月頃にはオフショア銀行も開始する予定です。

オフショア銀行が開始するときにxGTの販売も終了するようなので、遅くともこの前までにはxGTを購入しておく必要があるでしょう。

2019年にはxGTが本格的に利用できるようになり、ICOプラットフォームなども開始される予定です。

つまり、2019年までにはxGateTokenで大方の金融サービスが利用できるようになると考えられます。

xGateToken(クロスゲートトークン)の将来性

The future of xGateTokenビットコイン(BTC)はもともと、既存の政府・銀行に頼らなくても使えるお金の実現のために開発がされました。

他にも、新しい経済の仕組みを構築しようとするネム(NEM)や銀行を介すること無く送受金が行えるようになるステラー(Stellar)など、仮想通貨は既存の金融機関・サービスを根底から覆してしまうのではないかと言われています。

しかし、xGateToken(クロスゲートトークン)は既存の金融機関との競合では無く、共存のために開発されたプロジェクトです。
したがって既存の金融機関はxGateTokenを受け入れやすく、仮想通貨と金融機関を結ぶ役割を果たすことが想定されます。

またコピートレードによる専門家の資産運用や分かりやすいユーザーインターフェースなど、xGateTokenは仮想通貨を始めたばかりの人でも簡単に様々なサービスを利用できるのが特徴です。

今後も仮想通貨を利用する、又は運用する人の数は大幅に増えることが予想されますが、「仮想通貨」と「xGateToken」との共存には今後も目が離せません。

xGateTokenが今後の仮想通貨や様々な金融サービスとの架け橋となる可能性は大いにあります。
結論として、xGateTokenの将来性には、大きな期待が持てると言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事